未来の日本を担う子供たちに、測量地図の重要性を伝えたい
 測量は安全・安心な国土形成のためにとても重要な役割を果たしているにもかかわらず、その特質や重要性への理解と認識度が低いのが現状です。
 そのような状況の中で、ひとりでも多くの方が地図に親しみ測量の重要性を理解していただけたらという願いから、2011年10月28日、沼津市立今沢小学校にて(社)静岡県測量設計業協会主催による測量の日関連行事「地図教室」に、当社もご協力させていただきました。
 4年生児童が参加し、講話の他に測量機材に触れるなどの実習も取入れ、子供達のキラキラした眼差しと好奇心に、未来への期待が大きく膨らみました。
 また、測量技術者として、東日本大震災から得た教訓や懸念される東海地震への備えをはじめとし、自然災害と人との関わりを改めて考え、測量の意義と重要性を伝えていくためにも日々研鑽を積んでいかねばならないと気を引締めた時間でもありました。